0501 N ボールドウィン9号機キット

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

〔Nゲージ〕キット

16,500円+税

■プロトタイプ
愛知県の「博物館明治村」に現存する9号機をNゲージで模型化しました。
この9号機は、元は富士身延鉄道(現身延線)の1-3号機としてアメリカのボールドウィン社で製造されたCタンク機です。製造当初はアメリカンらしい木製キャブでしたが、その後製鉄所から明治村へ転属するうちに鋼製キャブの現在の姿に変わっています。
このボールドウィンCタンクには、同形機として国鉄(鉄道省)1240形があります。こちらは木製キャブにクリートを配した煙室前面の姿で、よりアメリカンらしい姿をしていました。また、諸元が若干違いますが似た形態の機関車に1690形があります。こちらの機関車は東野鉄道にC251として戦後まで在籍していました。
明治時代の旅客列車だけでなく、戦後の専用線、地方鉄道の機関車としてもお楽しみいただけます。

■特徴
・普通サイズのモーターと低速細密ギヤで全軸ギヤ連動し、ウェイト兼用のムクのメタルパーツで重量を稼いでいます。そのため小型機ながら”走り”をお楽しみいただけるモデルです。
・構成としては、組み立て易いように一体パーツ/組立済パーツを増やしました。ボイラー類はドーム一体、ロストワックス製クロスヘッドはカシメ済み、サイドタンクは左右一体で外板は折り曲げ済み、シリンダーまわりはサドル&左右一体のロストワックス製です。ベルもロストワックス製です。

■構成
・パーツ類を全てセットしたトータルキットです。カプラーのみ別途購入になります。
・動力とキャブまわりは洋白エッチング、クロスヘッド・シリンダーブロック・ベルはロストワックス、その他はホワイトメタルパーツ等で構成しています。
・モーター縦置きウオーム1段、モジュール0.2、減速比1:24、アイドラギヤによる全軸ギヤ連動
・モーターの定格は9V、12Vくらいまで使用可能です。

■キットの内容品
・エッチング板
・ロストワックスパーツ、ホワイトメタルパーツ
・車輪、車軸ギア、中間ギア、ウォーム、
 真鍮ピン、真鍮スペーサー、
 銀ピン短、銀ピン長、黒プラパイプ、
・クロスヘッド/メインロッド(カシメ済)、サイドタンク外板(折り曲げ済)
・平プラワッシャ、段付プラワッシャ
 ネジM1.4x1.5mm、M1.4x4、M1.4x5、M1.4x6
・モーター〔定格9V〕(12Vくらいまで使用可能)

■別途購入品
・カプラー
 - #5151 マイクロトレインカプラーNo.2004 または、
 - カトー 11-712 マグネ・マティック カプラーNo.2001(当店では取扱いしておりません)
・φ0.3線(真鍮または洋白など)

価格16,500円+税

  • 価格:18,150円
  • 売切

カートの中身

カートに商品は入っていません